Return to Innocence - 無垢への回帰 -

Geshichte - Sephilia Lachesis

神 トハ ヒト ノ 創リシ モノ 何故 ヒト ハ 神 ヲ 求メ 尊ビ 敬ウ ノカ


セフィリア=ラケシス

ヒトならぬ者の証といわれる淡紫色の瞳をした青年。
19歳にして王都フェンサーリル修道院の司祭であり、またリデンファー(僧兵)でもある。
風魔法・回復魔法を取得しており、特殊な古武術を操る。
博識にして性格は温和(微妙に天然)優しく純真。
感受性豊かで慈悲深い(少々自己犠牲的な面も)
幼いころシスター=マーサに拾われて以来教会に身を寄せており、それ以前の記憶はない。

Geburtstag 4/2
Körpergröße 176cm〜
Augenfarbe 淡紫
Haarfarbe ベージュ、へーゼル、亜麻色、ごく薄い金等(光加減によって微妙に変わる)
Aussehen 両耳に十字架のピアス→緑玉のピアス。眼鏡。中性的な超絶美形。普段は髪を首の後ろで一つにまとめている。
Kosename セフィ(sephie)
Musik Dante's Prayer(Loreena McKennitt) SIGMA(Secret Garden)

幼少期に拾われて以来、シスター=マーサとウィダ司祭に愛され育てられたため、本人も愛情深い性格である。
この2人は神に仕える身であり他者への奉仕を行う聖職者であるため、やや自己犠牲的、自身を顧みない性質。
(ただしこれはもともとそういう性格であったとも)
人当たりがよく、誰にでも優しく親切なので、瞳の色のことさえなければ多くの人々に愛される人柄。
動物や魔物にさえ憐れみの情を持ち、博愛主義が過ぎると言われるほどで、
それゆえに学生時代は辛い体験をすることも度々。
また、人ならぬ色の瞳と詠唱無しに全属性魔法を操る能力も不気味がられる原因であった。
魔法に関しては誰に教授されるでもなく、物心ついた頃には当然のように(本人はそうと知らず)使うことができていた。
知識を深めた今では、全属性魔法(精霊魔法)、神聖魔法を上級までなんなく使いこなす。
(補助魔法、回復、解毒魔法等、分類が微妙な魔法も)
魔力が非常に高いのに対して体力はあまりない。鍛えても筋肉がつかないタイプ。
華奢な見た目の通り身軽で素早いが腕力は並以下。(といっても、女性以下ということではない。あくまで男性基準で)
その腕力、筋力を魔力で補う形での戦闘が主である。(本人はほぼ無意識にそうしている)

修道生活が長いため、基本的に身の回りのこと(料理・洗濯・裁縫等々)は何でも自分でこなす。
知的好奇心が強く、本を読んだり人の話を聞いたりするのが好き。記憶力もいいので知識が豊富。
度々夢に現れる竜に対しては、愛情や信仰にも似た憧れの気持ちを持っている。
色々なことに関して実践は乏しいとも言えるが、勘がいいので大体何でもこなす。
理知的と思わせて実はかなり本能の人。なんとなく、という感覚で動いてしまったり、
また自分的には確信のある感覚をそう言ってごまかしたり。彼自身、自分のことがよく分からない様子。
様々のことを知るにつけてその理論に当てはまらない自分の存在が理解できず不安でたまらなかったが、
そんな自分を肯定してくれる存在が居たことは彼にとっての救いであった。
リーとは教会の学園で出会って以来の付き合いで幼馴染。何気に相思相愛だがセフィの思いはあくまで友人として。ただ、過ごした時間の長さとお互いの理解度、親密度の深さでは誰よりも仲良しでかけがえの無い存在だと思っている。
アレスのことは、最初ちょっとリーに似た雰囲気を感じて親しみを覚えたが、彼の素直さと少年らしい純粋さを気に入っている。
ロルには頼りっぱなしで申し訳ないなと思いつつ、ついつい甘えてしまっている。
アーシャのことは可愛くて仕方がないっぽい。
そして彼らを心から大切にしたいと思っている。



▼ついでにメッセージ頂けると嬉しいです。


| BACK |


© 2001- Return to Innocence-無垢への回帰-